2021年03月16日
3月10日に世話人会をしました。

参加者11名
内容
〇補助133号線の測量状況は、現況測量は終了。用地測量はコロナの緊急事態 宣言でストップしている状況。ということを、酒井区議の議会での質問で杉並区 が答弁しました。
〇今後の予定 コロナの感染状況にもよりますが、7月に学習会を予定しています。
長谷川茂雄氏 (道路住民運動全国連絡会事務局長・都市計画道路連絡会世話 人・公共事業改革市民会議世話人)に講演していただきます。
〇世話人会は毎月、第二水曜日の6時30分~ 東一会館 (場所が東田中になる こともあり、連絡します。)

2021年02月01日
区長への懇談を申し入れることにしました。

区長に、住民のなまの声を聴いていただこうということにしました。 世話人のメンバーが1月27日に区に提出しました。

都道133号線について住民との懇談のお願い(PDF)

2020年12月15日
「都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!」を開催しました。

都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!

12月13日(日) 午後1時~3時 都市計画道路補助133号線に反対する会は「都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!」を開催しました。

 晴天にめぐまれ、40人が参加し、新型コロナ感染対策を行い歩きました。
議員の参加者は、原田あきら都議、奥山たえこ区議、ひわき岳区議、酒井まさえ区議でした。
午後1時に区役所前に集まり、会から挨拶し出発しました。
参加された6人の住民の方が、次々にマイクを持ち、それぞれの地域の状況と思いを話し、890メートルの予定地周辺を参加者と一緒に歩きました。
約1時間超の工程でした。
最後に参加者が、感想を出し合いました。

  • この地を離れたくない。立ち退きをしないで、頑張ります。みなさんよろしくお願いします。
  • まさしく、まちを分断する、まち壊しの道路だということが改めて分かりました。
  • 多くの人に、知らせて行きたい。
  • 道路建設に、莫大な費用がかかる。100億円以上のお金がかかる。見直すべき。特に今は、コロナ感染が広がっている中、コロナ感染対策が最優先だ。
  • 道路建設は防災のためと言うが、地域の不燃化を考えるべき。塀を直し耐震することも大事。

みなさんお疲れさまでした。これからも頑張って行きましょう!コロナ禍ではありますが、今後も学習会などを予定しています。
会に対するご意見などもお寄せ下さい。

世話人からのお知らせ
 家に立てているのぼり旗が、色あせたり、破損が見られていることから、新たに作成しました。1枚1,000円でお分けします。
ご希望の方は村上まで連絡ください。
村上芳子 連絡先 03-3313-4014

都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!

2020年11月30日
都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!

日時
 
12月13日(日)午後1時~3時
雨天の場合20日(日)に延期
集合
 
杉並区役所正門玄関前(青梅街道側)午後1時集合
解散
 
尾崎橋 午後3時予定

※沿道住民の方は途中から参加されることも可能です。

都道133号線予定地をご一緒に歩きましょう!

2020年11月11日
18時30分から 東1会館にて133号線に反対する会 世話人会を行いました。

世話人会は、コロナ禍で3月11日以来休止状態となっていましたが、8カ月ぶりに行いました。
 参加12名

〇署名 3263筆

〇参加者からの意見
 
  • 自宅前の公道(区道)に測量の鋲があるのを見ました。最近また新しいところにありました。
  •  
  • 3月末に、私道に測量の鋲が打たれて抗議し、その後は、特にありません。
  •  
  • コロナ禍で世話人会も開けず、地権者や地域の人にお知らせをした方がいいと思う。
  •  
  • 「測量一切お断り」のプレートを貼っていない家に呼びかけることが必要か?
  •  
  • のぼり旗が色あせてきたので交換した方がいいか。
  •  
  • 原田都議会議員から、東京都の建設局に測量の進捗状況を問い合わせた結果の報告がありました。
      「現況測量は8割位進んでいる。年明けて今年度中に用地測量をする予定とする。」ということでした。(現況調査とは、公道、税務署、中学校などの公的な用地の測量)
〇今後の取り組み予定
  1. 次回の世話人会、12月9日(水)18時30分から 東1会館 予定
  2. 12月13日(日) 133号線現地視察会 
13時集合 杉並区役所 正面玄関前(青梅街道側) ・杉並区議会議員に呼びかけ、現地を歩く会を行います。地権者の方や地域の方も一緒に歩き、その方たちの声も聞いていきます。

2020年05月22日
要請行動をしました

2020年05月01日
お知らせ
3月16日
 杉並区議会議員各位に「都道133号線視察などについてのお願い」を区役所に行って手渡す。
4月6日
 3月31日補助133号線、現地測量地域の私道(共有道)で、許可なく測量していたことについて、都知事宛に要請文を送付、返答を頂きました。
 上記について、地権者と対象地域にチラシを配布。
4月8日
 新型コロナ禍のため世話人会中止
5月13日
 新型コロナ禍のため世話人会中止

*今後、世話人会の開催については連絡します。
*都道133号線視察についても決まり次第連絡します。

2020年03月13日
3月11日(水)に世話人会が行われました。
参加者は10人でした。
署名数は3250筆になりました。
のぼり旗32本、プレート約270枚が皆さんのお手元に渡りました。

話し合いの内容
①チラシの内容について これまでの情報、学習会の内容記載。
 計画地、周辺住民へのお知らせ 3月中配布予定
②3月16日の打ち合わせ 区議会会派回り行動のこと
③学習会予定 5月下旬、6月上旬
④地権者の声
 不安で夜も眠れないことがある。測量業者は入るので家にいたくない。インターホン越しで断った。土地価格を聞いたら驚いた。残地は売れないということを聞いて驚いた。など。 

2020年02月28日
3月11日の世話人会の場所が、東一会館になりました。時間は同じ6時半からです。

2020年02月18日
2020年2月12日に133号線に反対する会の世話人会を開催しました。

  • 「補助133号線の道路計画見直しを!」リーフについて検討する
  • 杉並区議会へ。3月18日11時50分区役所一階ロビーに集合して会派回りをする。
  • 全区議、区役所の担当部署課長の皆さんに「現地へ行って見て、住民の声を聞いて下さい」という内容のビラを届ける
  • 都議会については次回検討する
  • 次回の世話人会は、3月11日6時半、東田中にて
  • 現在の署名数は3112筆です。ありがとうございます。

2020年01月21日
2020年1月8日に133号線に反対する会の世話人会を開催しました。

地権者に知らせることが大事。
  • 世話人で組を作り、地権者と周辺の住宅を回る。※4組みできました。
  • 地図、「測量のための戸別訪問はじまる」のチラシ、「測量一切お断り」のプレイトをもって回ります。
世話人会を定例化する
  • 2月は2月12日に開催
133号線に反対する会の世話人会 毎月 第2水曜日 18時30分~ 場所 東田中 1階 第2会議室 世話人以外の方もご参加ください。

2019年11月25日
都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会ニュース2019年12月発行(PDF)を掲載しました。

都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会ニュース2019年12月発行 都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会ニュース2019年12月発行

2019年11月25日
説明会の質疑・応答でわかったこと

・測量への協力は任意なのか?
 東京都は、「測量を拒否すると何か不利益があるのか?」との質問に、
「協力いただけない方については、その理由をお伺いし、ご協力いただけるようにお願いしてまいります」と回答しました。
土地収用法が適用されない限り、地権者と周辺住民は、測量を断っても何ら不利益がなく、協力は任意であることが明らかになりました。
・道路の完成までどのくらいかかるのか?
 東京都は、「測量に2年。事業認可後、完成まで7~10年」、合計9~12年かかると回答しました。
東京都の担当者が説明会のチラシを配った際、地権者に「20年はかかる」と言ったが、実際はどうなのか?という質問が出ました。
東京都の担当者は「住宅地で20年ほどかかった事例はある」と回答しました。
・道路用地の買い取りの補償はどうなるのか?
 東京都は「道路用地部分については東京都が買い取り、補償する。
道路が通らない残った土地については、価値が目減りした分を金銭で補償するのが原則的な対応(買い取りの補償は受けられない)となります
」と説明しました。
つまり、余った土地を東京都が買い取らない場合は、地権者が所有し続けることになります。残った土地が更地になれば、固定資産税が6倍になることを、東京都は質疑の中で認めました。
・道路用地周辺の健康被害や補償について
 東京都は、「補助133号線の沿線での排気ガス、車の走行による振動・騒音等による健康被害はあり得ない」と述べ、
参加者から抗議を受け、回答者がお詫びするやり取りがありました。
東京都は「実際に実害が生じてからご相談ください」とも述べ、建設工事中や完成後の周辺住民に対する補償が何もないことが明らかになりました。
・「必要性の検証」に疑問続出
 東京都は補助133号線の必要性について、15の検証項目のうち、
『交通処理機能の確保』と『延焼遮断帯の形成』に該当すると説明しましたが、質疑を通して大きな疑問が明らかになりました。
 『交通処理機能の確保』については、渋滞データの提示を求めた参加者の質問に対し、データを示すことができませんでした。
 『延焼遮断帯の形成』については、歩道を含めた16メートルの道路だけでは延焼遮断にならず、
道路の両脇に高層ビル等を建て不燃化しなければ、延焼遮断帯とならないことを東京都の担当者も認めました。
・交通事故が増え、「地域の安全性」は低下する
 東京都は6つの選定項目のうち、『地域の安全性向上』の観点から、補助133号線を優先整備路線に選定しました。
参加者から、「建設予定の補助133号線のような大通りと、成田東の建設予定地周辺の現在の道路を比較した場合、交通事故や交通事故による死亡事故の件数について、どちらが多いのか」という質問が出ました。
東京都が会場で示したデータでは、大通りの交通事故件数の方が圧倒的に多く、東京都の「歩行者・自転車・自動車が安全・安心に利用できる道路空間の確保」という整備目的に矛盾があることが判明しました。
道路建設によって交通事故が増え、成田東の「地域の安全性」は低下し、交通事故の危険性が増すことになります。

2019年11月6日

【大事なお知らせ】

東京都市計画道路補助133号線の計画をスタートするために測量を始めることなどを知らせる住民説明会のお知らせが、東京都から届きました。
重大な局面となりました。

 私たちは「都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会」の世話人会を発足し、これまでに学習会を重ね、1000人を超える住民から賛同を得て参りました。
その結果、東京都市計画道路補助線街路133号線を反対する陳情署名をこれまでに2915筆を頂戴しております。本当にありがとうございます。また、東京都議会への要望書も提出するなど、この間活発に運動してまいりました。
 ところが東京都は事業化に向けた住民説明会に踏み出そうとしています。住民無視であり、かつ財政破壊を引き起こすムダな道路計画は廃止に追い込むしかありません。

 今からでも計画を止めることは可能です。全国的に都市計画道路は見直しの時期にあり、東京だけが頑なに方針を変えていませんが時間の問題です。この道路は作らせない!という強い意思を示すことでいずれ計画を見直させ、この豊かな住宅街を守ることはできるのです。私たちの強い姿勢を見せるためにも住民説明会に集まりましょう!
 配布された説明会のお知らせは次の通りになります。

説明会の日程

①11月14日(木曜日)午後7時~8時30分 杉並区杉並第二小学校 体育館

②11月16日(土曜日)午後2時30分~4時 杉並区立東田中学校 体育館

.

これからの「都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会」スケジュール

これからの反対活動に向けて、ツイッターアカウントを開設しました。

https://www.twitter.com/route133asagaya/
こちらで最新情報をツイートして参りますので、是非、フォローをお願いします。

【緊急のお願い】

11月10日(日曜日)午後3時~

杉並区役所前で都市計画道路反対宣伝を行います。
可能なら思い思いが書かれたプラカードを持って来て下さい。のぼりを購入していただいている方はそれをお持ちよりください。何も持たずに来て頂くだけでも大歓迎です。

【住民説明会後の活動】

12月1日(日曜日)午後2時~ 杉並区立東田中学校

にて学習会を行います。 講師は明治学院大学名誉教授の熊本一規先生となります。計画によるリアルな被害の実態とともに、どうすればこの計画をとめることができるのか、講義していただきます。ぜひとも多くの皆様のご参加をお待ちしております。

2019年9月21日
都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会ニュース2号

2019年8月29日
高円寺の都市計画道路277号線に反対する住民や商店主、若者らがイベントを開催することになったので、このHPでも紹介します。
トークとライブの高円寺らしいイベントです。商店主や高円寺が好きな若者、区議や都議らがトークします。
西荻132号線、成田東133号線に反対する住民の参加も呼びかけられていますので、133号線の住民もおおいに参加してもりあげましょう!

「知らなかったじゃ手遅れ!?『高円寺再開発ちょっと待った!✋ 🚫』
SAVE THE KOENJIトーク&ライブイベント
facebook→ https://www.facebook.com/events/1430108560461299/?notif_t=plan_user_associated¬if_id=1566984126602435
9月4日(水)19時~22時
チケット:1000円(ワンドリンク付)
高円寺ライブハウス「ショーボート」 https://www.showboat1993.com/

2019年8月3日
市民学習会会開催のお知らせ 7月28日の133号線に反対する会(東一会館) は以下のようになりました。
1、参加者33名 (初めての参加者6名)
  陳情署名  2623筆 (6/28現在)
2、のぼり旗の具体化
  話し合いましたが、文言決まらず。世話人会に委ねることにしました。
  わかりやすいように。効果的に。
  50本購入予定。
  費用 1本1500円位。 有志が立てかえる。
3、署名活動
  3グループの方たちが行動、今後も続ける。五日市街道に近いところも。
4、他団体との連携 
  8月31日の学習会に参加する。など。

2019年7月10日
都市計画道路補助133号線に反対する会の話し合いのおしらせ。
日時、7月28日午前10時~12時
場所、東一会館
成田東4-24-1
※場所が替わりました。

都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会開催のお知らせ

2019年6月24日
都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会ニュース1号を掲載しました。

都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会ニュース1号

2019年6月9日
世話人会は12人出席しました。
決まったこと
1、反対の会ののぼり旗を、道路計画の周辺に立てる予定にしました。
2、署名をとるための、地域周りをします。
3、7月28日日曜日、10時、東田中で133号線に反対する会の集会をします。

2019年5月16日
東京都議会へ要望書提出行動参加 19名で要望書を提出しました。
懇談会は、東京都建設局道路建設部計画課長、東京都整備局都市基盤部街路計画課長他3人と話しました。
反対する会が、見直してを求めて発言。
都側は、「現地は2回ほど見ている。安全性からも作りたい」など発言しました。
その後、都議会の会派回りをしました。33人に要望書を届けました。

陳情署名は1730筆になりました。

2019年5月8日
第4回都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会を行いました

2019年4月8日
陳情書名簿が更新されました

2019年3月24日
今、声をあげよう!第4回都道問題に反対する会にご参加ください。
【4月6日<土>PM2時~4時 東田中 第二会議室
ペーパーはこちら

都市計画道路補助133号線(中杉通りの五日市街道までの延伸)に反対する会のQ&Aを公開しました。

2019年2月26日
会派まわりを行いました。
平日の昼間にかかわらず参加者は31人になりました。
会派まわりの様子については ここをクリックすればご覧いただけます。

賛同署名は2月26日現在1340筆になりました。

世話人会を3月10日18時から行うことになりました。
場所は東田中学校・第二会議室になります。
世話人でなくても、この件で話を聞きたい方は参加フリーですので足をお運びください。

2019年2月17日
◆「都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する会」第1回世話人会発足
◆署名は前回のホームページ更新からさらに増え、現在1249名の方から頂戴しています。
◆お願い!2019年2月26日(火曜日)12時より会派まわりを行います。
 「都市計画道路補助133号線(の延伸)に反対する方は是非お集りください。
集合場所は杉並区役所1階ロビー中杉通り側入り口はいってすぐになります。

2019年2月12日
・署名が1000名を越えました。現在、1084筆となっています。
管理人コメント :
中心のメンバーの皆さまがメールやラインが苦手ということもあり、足を使っての地道な活動を続けています。
その中心メンバーと若い世代が繋がり、いっきに広がりを見せ始めました。
署名が直筆ということもあり、タイムラグがありますが、署名を行いたい希望の連絡がこちらにもかなり多くの方から頂いております。
ここに住む地元の方が知らない水面下で行われている都道補助133号線の計画がいかに地元の方を無視したものであるかを実感しています。

・2月17日AM10時より、東田中学校にて反対する人たちの集会が行われます。
今後の活動についての話しあいを予定していますので、
初めての方もご参加ください。

2019年2月4日 署名が 548筆になりました。
2019年1月29日 都道 補助133号線第3回学習会を開催。 開催場所は東田中学。60名が参加。